田坂広志さんの話に出てくること。

 

はたらく というのは、傍を楽にすることだ。

 

どんなに仕事が早くて、正確無比でも、

どんなに企画力やアイデアがあっても、

 

そこに、傍の誰かを楽にしてあげる、助けてあげる、

という思想が無かったら、その仕事の価値は大きく減少する。

 

一緒に働いている人や、お客さん、

その人たちの求めることに対応するときには、

提供するコンテンツを磨くだけでは片手落ちで、

 

その仕事のプロセスにおいて、

「心」を楽にしてあげること(つまり余計な心配をかけさせてないこと)

がめちゃくちゃ重要。